月: 2021年2月

歯科衛生士である私が伝える口臭の原因

私が歯科衛生士として働く中、口臭の悩みを抱える方をいろいろみてきましたが口臭の原因は7つあると考えます.

1、虫歯

2、歯周病や歯肉炎など、

3、内科的なところ(胃が悪い)

4、精神的心理的な面から

5、唾液が少ないことによる口腔乾燥

6、食べ物による影響

7、歯石や歯垢がたくさん付着している

http://www.vinicoladelnordest.com/

などさまざまです.

口臭が気になるという方はまず歯科を受診し口腔内のチェックやお口のクリーニングをしてもらう事です.

できれば定期的にクリーニングをしてもらういお口の中を清潔に保つ事事です.

お口クリーニングの内容としては医院ごとでいろいろ考えられていますが基本的には以下の手順が普通です.

1.機械を使って歯石取り

    ↓

2.全体的に歯の面を機械でブラシをかけるもしく歯ブラシを使って磨く

    ↓

3.歯と歯の間にフロスを通す(これはしない歯科医院もある)

口臭が気になる方はまず歯科を受診しできれば定期的にクリーニングをしてもらいお口の中を清潔に保つ事が大事です..

ただ、私の経験から言わせてもらうと、若い方で上記の7つが考えられず口臭が気になるという方はたいてい気にしすぎが多く、客観的に納得してもらうためにしていたことは口臭チェッカーを使って数字で提示し気のせいだと認識してもらうことでした.口臭チェッカーをご自身で購入しチェックしてみるのもいいかもしれないですね.

初心者の正しいダイエット法

今までダイエットをしたことがない人がやってしまいがちな方法が、炭水化物を摂取しないダイエット法です。http://www.primeralinea-cuba.com/

それまで食べていたお米やパンなどの炭水化物をやめて、野菜やサラダチキン、スープなどに置き換える人が多いです。最初のうちは体重が落ちて「痩せてきた」と感じる方が多いでしょう。しかしそれは、単純に食べる量が減ったことによる体重の変化であって脂肪が落ちているのではありません。

大事なのは体重を落とすのではなく、脂肪を落とさなければ意味がありません。そして、その脂肪を落とすためには炭水化物がエネルギーになるのです。炭水化物は一切やめてしまうのではなく、量を減らすだけで大丈夫です。

初心者の方は炭水化物ではなく、脂質を減らすことが大切です。私達の生活で食べているものには脂質が多く含まれるものがたくさんあります。しかし、どういったものに多く含まれているのか最初はわからないでしょう。

まずそれを知るために、コンビニやスーパーで食品を購入する際は必ず裏面の成分表を確認する習慣をつけましょう。成分表を確認することで、脂質の多く含まれる食品を避けたり、炭水化物が少ないものを選ぶ意識をつけます。もし、脂質や炭水化物が多いがどうしても食べたいときは我慢しなくても大丈夫です。

本当に痩せたいと思っていれば、成分表を知ることで脂質、炭水化物が多いものを食べたから、その分違うものを我慢しようと思うことができるので大丈夫です。これを続けていくと、自然に脂肪は落ちていき、少しずつ体重が減っていくでしょう。

ダイエットしたことないけれど痩せた経験からわかった当たり前のこと

私は生まれてこの方、きちんとダイエットをしたことがない。痩せてるから?と思われるかもしれないがそういうわけではなく、むしろややぽっちゃり体型の人生だ。痩せたいとは思いつつ、ダイエットを継続できるほどの意志は無いため、ずっとややぽっちゃりだ。そんな私でも、身長が伸びたからなどの理由以外で痩せた経験がある。今回は、その経験から痩せるコツを少しでも見つけたい。

プレミアムスリムスキニーレギンスを完全レビュー!

まず1つ痩せたのが、夜遅くに食べなくなった時期だ。当たり前ではあるが実際に体験してその大切さを痛感した。アルバイトが夜あると、どうしても困るのが夕飯のタイミングだ。私はお腹が空いていると眠りづらいのと、単純に食べたい!という気持ちが強くて、バイト後、夜10時以降に普通にご飯を食べていた。学業の関係でバイトをやらなかった時期は、食べる量は大して変わっていないのに痩せた。同じ量なのに夜遅いと太るなんて理不尽だ!と思うが、やはり食べる時間帯は大切なのである。

他に痩せた経験が、これもアルバイトに関係するのだが、菓子パンが減ったことだ。あるアルバイトを辞めたところ、家とアルバイト先の間にあるコンビニによらなくなり菓子パンを食べなくなって、痩せた。当たり前だが、菓子パンはダイエットの天敵なのだ。

当たり前である2つの点について書いたが、当たり前のことを継続できる人にダイエットの成功は待っている。世の中の皆さんが、健康を害することだけはしないでほしいと願っています。

私の悩みについて

私は学生のころ、バストが離れていると思っていました。寄せてみると谷間ができるのですが、下着を外すと離れていることにコンプレックスを感じていました。

http://youkounkoun-radio.com/

悩みがあっても、解決する方法がわからなかったのですが、就職活動している際にある補正下着のメーカーを知り行ってみようと思い行ってみることに。

フィッティングをさせていただいたのですが、そちらのメーカーだと自分の悩みを解決できるようになりました。そして今まで気にしていなかった体の悩みにきづくことができ、その悩みさえも解決してもらいました。

そのブランドはブラデリスニューヨークというブランドです。お話を伺っているうちに、自分にあった形の下着を身につけることで、悩みを解決できるのだと知りました。

嬉しかった私は、フィッティングをきっかけに利用していました。ただ着けるにも付け方があり、お手入れ方法があり、下着も生地が伸びるのでメンテナンスをしてもらったり。買うだけではバストのなやみは解決できないんだと感じました。

利用しはじめて3年目になりますが、悩みは消えてきたと思います。友達と旅行に行った際にはバストの形きれいだねって褒めて貰える機会が増えたと思います。

私が初めて知った後からYouTuberの方が紹介していたりでご存知の方も多いかと思いますが、私の悩みを解決してくれた下着メーカーの話になります。

もっとサイズにバリエーションがあればいいのに

サイズが大きすぎて、自分に合うブラジャーを探すのに苦労しています。仮にあっても、店頭に置いてある種類がとても少なく、店員に声をかけて、奥から出してきてもらうことがあります。それでも、年配の女性が好みそうな、地味なデザインのものが主流で好みに合いません。女性なら、いくつになっても下着のおしゃれを楽しみたいという気持ちはあると思うのですが。

ヴィアージュビューティーアップナイトブラのサイズ感

アメリカやヨーロッパのブラジャーは、カップのサイズも、アンダーバストのサイズも日本より大きく、またサイズ展開の幅も広いので、海外旅行に行ったときには、下着を選ぶための時間を作って買い物に出かけています。輸入下着のお店は日本にもありますが、お店の数が少ないのと、結構値段もするため、毎回というわけにはいかないのが正直なところです。

バストが大きい、というとうらやましいと言われることがありますが、とんでもない、日本で下着を買う苦労を考えたら、標準的なサイズの方がいいです。バーゲンセールのときにも、自分に合うサイズを探せないので、がっかりして帰ることが多いくらいですから。

自分好みのデザインの、ぴったりしたブラジャーが近くのお店にあるといいのに、といつも思っています。

20代後半、突然のニキビ・・・

私はついこの間26歳になりました。大学を卒業してから早4年が経とうとしていますが、ここ数年は仕事でのストレスからか、体重が激増したり、実際にメンタルが少しやられてしまったこともありました。

ラントゥルースの効果と私の口コミ!実店舗での市販状況などもご紹介!

そして一年ほど前に仕事に嫌気がさして転職をし、ようやく環境がマシになり、自分に時間を費やせるようになりました。最近は週に2?3回程度筋力トレーニングやランニングを積極的に行っています。以前に比べればよっぽど人間らしい生活ができていると思っていたその矢先の出来事でした。

ふと朝起きて鏡を見ると右の頬にこれまでの人生で見たことのない大きさのニキビができてしまいました。ニキビはこれまでも割とできる方ではありましたが、放っておいても治っていたので今回もすぐに治るだろうと思い、軽視していました。しかし、10日ほど経っても一向によくなる見込みはありません。むしろそのできたところのそばに新しいニキビができてしまいました。

さすがにこれはよくないと思い、病院にいくことにしました。現在は定期的にその病院に通い、飲み薬と塗り薬を塗りながら少しずつ治り始めています。昔はすぐに治るから、まだ若いから大丈夫と思っていましたが、そうはいかない年齢になってきたんだなと痛感しました。

ダイエットの方法について。

ダイエットの意味を考えてみます。ダイエットとは、食事の量を制限したり、運動

 をしたりして、身体の体重を減量することだと、僕は、思っています。

 次に、ダイエットの方法について書いていきます。ダイエットの方法は、複数存在します。

 (1)適度な運動をとることで、ある程度の身体に、筋肉をつけるようにするとよいと思う。

 筋肉をつけると、脂肪を燃焼しやすくなり、日頃の生活を過ごすうえで、肥満になりにくくなると

 思う。適度な運動とは、とても、大変な運動だけではなく、比較的、簡単な運動、例えば、「さんぽ」

 するだけでも、何もしないよりは、効果ででると僕は思います。(1)のメリット(長所)は、運動を

 することで、身体の血流が回るようになると思うため、日頃の生活を過ごすうえで、肩こりがなくなるなど、

 体調がよくなると僕は思います。しかし、その反面、(1)の方法には、デメリット(短所)も存在すると

 思います。例えば、何回か、運動をし続けていくと、その運動が慣れてしまい、とても、大変な運動をしてしまう

 可能性があるとします。その場合、とても、大変な運動をしてしまったため、身体をくずしてしまうという可能性が

 あると思います。身体をくずしてしまうとは、とても、大変な運動をしてしまった結果、内臓の様子が、悪くなってしまい、

 内臓が、正常に機能しなくなってしまうなどのことをいうと僕は、思います。

  次に、(2)の方法について、書いていきます。朝、昼、晩御飯を、おなかが、すべて、満たすようになるまで、

  飲食するのではなく、少しだけ、おなかが、減っているような状態にするとよいと僕は、思います。おそらく、

  ダイエット期間中は、ご飯を、少しだけ、少なくすることで、物理的に、ご飯の量を少なくし、身体に、吸収される、

  食物の量を少なくすることにより、体重の減少をさせるように、することにより、体重を減少させることができると僕

  は考えています。今から、(2)のメリットとして、おなかが少し減っている状態になると、あまり、

  おもしろくないと感じることで、気分が、少し落ち込むようになると思う。おそらく、人は、気分が落ち込むと、

  物事に、集中して取り組むことができるようになると僕は、思います。しかし、その反面であるデメリットも存在

  すると思います。それは、ある程度、おなかが少し減っている状態で、ある程度、生活をつづけていくうちに、慣れてしまい、

  少しだけではなく、とても、おなかを減らした場合、おなかが、減りすぎて、何も、行動できなくなってしまう場合が

  あると僕は思もいます。