30歳を超えてから。

もともと10代20代の時から、キレイなお肌ではない方だった。
10代の時はニキビが出来やすく、気になって潰してしまったりすることが多かった。
20代前半ではお化粧を落とさず寝てしまうことが多々あり、鼻やほっぺの毛穴が気になり、どうにかしなければ!と毛穴スッキリパックをよく使っていた。
ニキビは潰した方が早く治ってラッキーと思っていたし、毛穴スッキリパックで角質の汚れがものすごく多く取れた時にはかなりテンションがあがっていた。

【本音口コミ!】ヴィオテラスHSCセラムの効果を赤裸々レポート!

でもどちらも逆効果だとあとで知ることとなる。
アラサーまではなんとか自分のお肌が頑張っていた。
30歳になり、いきなりあれ?と感じることが多くなる。

鏡を見ればいつの間にかニキビを潰してきたがために出てきたであろうシミが大量発生。
毛穴スッキリパックの後きちんとお手入れして毛穴を引き締めてこなかったがために開ききってしまった毛穴&そこに住み着く毛穴詰まり達。
それに加えて年齢と重力によりたるんできたお肌。

お肌がたるんできたことにより、開いた毛穴がさらに目立つように。
20代の頃と同じお手入れを続けてきた私は、基礎化粧品などを見直すことにした。
さっぱり派だったが、乾燥小じわも目立ってきたためしっとり保湿ができるアイテムに変え、自分では最近流行りだと思っているエイジングケアと書いてある保湿クリームも追加して使うことにした。

お金は少しかかるがDUOという洗顔アイテムも手に入れ現在頑張っている。
自分評価だが少しは改善されたと思っている。
でもお肌との戦いはまだまだおばあちゃんになるまで続く。
油断しないようにお手入れを続けていけたらと思う。