ダイエットの方法について。

ダイエットの意味を考えてみます。ダイエットとは、食事の量を制限したり、運動

 をしたりして、身体の体重を減量することだと、僕は、思っています。

 次に、ダイエットの方法について書いていきます。ダイエットの方法は、複数存在します。

 (1)適度な運動をとることで、ある程度の身体に、筋肉をつけるようにするとよいと思う。

 筋肉をつけると、脂肪を燃焼しやすくなり、日頃の生活を過ごすうえで、肥満になりにくくなると

 思う。適度な運動とは、とても、大変な運動だけではなく、比較的、簡単な運動、例えば、「さんぽ」

 するだけでも、何もしないよりは、効果ででると僕は思います。(1)のメリット(長所)は、運動を

 することで、身体の血流が回るようになると思うため、日頃の生活を過ごすうえで、肩こりがなくなるなど、

 体調がよくなると僕は思います。しかし、その反面、(1)の方法には、デメリット(短所)も存在すると

 思います。例えば、何回か、運動をし続けていくと、その運動が慣れてしまい、とても、大変な運動をしてしまう

 可能性があるとします。その場合、とても、大変な運動をしてしまったため、身体をくずしてしまうという可能性が

 あると思います。身体をくずしてしまうとは、とても、大変な運動をしてしまった結果、内臓の様子が、悪くなってしまい、

 内臓が、正常に機能しなくなってしまうなどのことをいうと僕は、思います。

  次に、(2)の方法について、書いていきます。朝、昼、晩御飯を、おなかが、すべて、満たすようになるまで、

  飲食するのではなく、少しだけ、おなかが、減っているような状態にするとよいと僕は、思います。おそらく、

  ダイエット期間中は、ご飯を、少しだけ、少なくすることで、物理的に、ご飯の量を少なくし、身体に、吸収される、

  食物の量を少なくすることにより、体重の減少をさせるように、することにより、体重を減少させることができると僕

  は考えています。今から、(2)のメリットとして、おなかが少し減っている状態になると、あまり、

  おもしろくないと感じることで、気分が、少し落ち込むようになると思う。おそらく、人は、気分が落ち込むと、

  物事に、集中して取り組むことができるようになると僕は、思います。しかし、その反面であるデメリットも存在

  すると思います。それは、ある程度、おなかが少し減っている状態で、ある程度、生活をつづけていくうちに、慣れてしまい、

  少しだけではなく、とても、おなかを減らした場合、おなかが、減りすぎて、何も、行動できなくなってしまう場合が

  あると僕は思もいます。